写真で見るスイスとその近辺


by kentaronakai

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

「ジビエ(Wild)の季節 ..
at 2013-09-29 10:56
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-30 06:17
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-27 08:00
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-22 12:28
「山フォンデュ 3/3」 マ..
at 2013-08-16 13:21
「山フォンデュ 2/3」 マ..
at 2013-08-16 12:53
「山フォンデュ1/3」マキシ..
at 2013-08-16 12:35
「羊の毛刈り」
at 2013-06-11 10:22

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
グリンデルワルト (スイス)
スイス
時計
モロッコ
イタリア
フランス
日本
ユングフラウヨッホ
最近の自分
結婚式
未分類

最新のトラックバック

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
海外生活

画像一覧

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「相撲」



売り上げではなくて、人数で言うとグリンデルワルト村内で一番活気があるBAR「アヴォカド バー」

a0174092_749462.jpg



そこで夏に働くスコットランド人娘、ケイトの誕生日会がBarの裏でやってました。
バーの店長が、この日にあわせて買った遊び道具が、、、、

a0174092_7492198.jpg


a0174092_749425.jpg

↑相撲ファイト用の着ぐるみです。

a0174092_7503573.jpg

↑そんなファイトを見ながらBBQですが、写真を撮ってる間になくなり、、、食べそびれ、
ケーキだけ食べました。

a0174092_7514162.jpg

↑かなり本格的なもので、こんなことされてもあまり痛くないらしいです。

a0174092_7522595.jpg

↑アイガー3970mをバックに相撲が楽しめます。

スイスでは、ユーロスポーツという番組で日本の相撲が流れますし、
こっちにも、スイス相撲があるのですが、、、、

スタートの切り方や、ルールを知ってるのは私を除き1人だけでした。
ルールを話したところで、誰も聞いちゃいないので、ほっときました。

a0174092_755460.jpg

とりあえず、熱すぎるようで、、、、5回ぐらいで皆倒れこんでました。

夏にするとやばいかもしれません。。。。

a0174092_7585018.jpg

女の子たちは、独りで脱ぐことが出来ないので、またそこが面白かったりもします。

グリンデルワルトの一部で楽しい遊びとなるのではないでしょうか。



↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


http://www.facebook.com/kpics.kentaro
↑フェイスブックをされている方しか見れませんが、FACEBOOKページを作りましたので、ご覧ください。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-30 08:03 | グリンデルワルト (スイス)

「電話代」

a0174092_7241170.jpg

基本的に秋が一番好きで、どちらかと言うと冬は第4位になるのですが、、、、
それでも、雪がなくなっていくのは寂しい。
今年は今のところ一回しかスキーをしていません。

a0174092_725551.jpg

冬は四季の中で4位といいましたが、雪は大好きです。
雪がドカドカ降るとワクワクしつつも、雪かきの大変さで嫌になるのですが、、
近くに冬好きが多いので、最近スキーも愛するようにはしてるのですが、、、
へたくそで、危ういし、危ないし、不細工な格好で滑るのでスキーはやっぱり
リフトでも、歩きでも、のぼりが一番ですね。
雪がいとしく、、、、溶け行く雪が愛しくて、めがねをつけたまま顔を擦り付けました。


a0174092_72935100.jpg


春の日差しですね。


a0174092_729561.jpg

↑トゥーン郊外の友人の家の電話。
レトロですが、、、その下からADSLのラインが出てるあたりのギャップが素敵でした!!!

っていうか、、、、
携帯の電話代が届いたのですが、携帯電話は月平均すると5000円から6000円なのですが、、、
なんと、2ヶ月で1万五千円、、の請求。。。
いやまて、一月は丸々日本にいたから使ってない。
っていうことは、、、一ヶ月で15000円!!!!!!!!!!!!!
おいおい、インターネットは携帯では一切使ってない。

スイスコムに問い合わせると、、、、、、
なんと、ベトナムに22分電話しただけで、8100円でした!!!!!!!!!!!

もう絶対ベトナムには電話しない。
ViberかLineかFacetimeを使ってIPOD TOUCHでWIFIから通信しかしないぞ!!!!

かなりブルーな請求書でした。。。。

a0174092_7373180.jpg

↑雪上ハイクでの雪崩が怖いので、ビーコン買いました。

真ん中の四角く写ってるのが人生初めてのビーコンです。

使い方は分からないので、練習に連れて行ってもらいました。


今年の9月9日大安。私の誕生日の日に日本で結婚するという同級生がいます。
よりによって、、、、私の誕生日に結婚するなんて世界一幸運な人もいるものです。
心のそこから、おめでとう!!!!!!!!




↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-26 07:39 | スイス

「マキシマムキャンプinヴェッターホルン」

13連勤の初日でしたが、皆様の休みの都合上、、、、(嫁さんと私以外次の日休み)
本日、新月の次の日ですが、星と共に語る会を開催。
今回はめずらしい組み合わせのメンバーだったので昨日からテンションを
あげていきました。

a0174092_1074111.jpg

↑アスパラ、白マッシュルーム、ジャガイモをレモングラスで炒めてラクレットチーズでつなぎ、
タイグリーンカレーのルーで締め塩コショウニンニク。アルミホイルに個別に包みBBQ。
思いのほか好評でした。

a0174092_10105254.jpg

↑いつものタルタルです。今回は、ゆで卵のほかにジャガイモで粘り気を出し、少しアスパラ。

a0174092_10121475.jpg

↑買ったばかりのシャベルで穴を掘りBBQと椅子を設置する穴掘り。

a0174092_10132743.jpg

↑ランディーホームセンターで300円で売ってる簡易BBQですが、風邪が強いので
ショベルが役に立ちました。

a0174092_10155318.jpg

↑初めは火力が強くて肉が焼けないのでお決まりのマッシュルームのたまねぎミンチ
昆布醤油和えの肉詰めにマッシュルームの食感を守るためのシェルター(たまねぎ)を
かぶせて直接火が当たらないようにしました。
マッシュルームにあったたまねぎの半身を探し出し被せるのが楽しいのでした。

a0174092_10191321.jpg

↑真後ろには、ヴェッターホルン3701mの絶壁が迫り狂い、新月の星空が降ってました。

a0174092_10202657.jpg

↑ガッツリお肉。。。。ソーセージは嫁さんが買ってきてくれた私の大好きな
ベアラオホ入りソーセージ。(ニラみたいな感じのものが入ったやつ)
インターラーケン横のマッテンのシュパースーパーで買えますが、
お勧めは、グリンデルワルトのメイン通りにある肉屋のものが一番です。
普段置いてないので、直接頼むと用意してくれます。

a0174092_10241867.jpg

↑メンバーは、Sり氏、MBのYみ氏、PBのMり氏、PBのYし氏、私の5名。MBの夫のYち氏は
とんがった山からの帰りが遅くなるので残念ながら来てくださらなかった。


a0174092_1027761.jpg

↑新月で真っ暗闇でしたが、カメラで撮るとココまで見れます。
右端の山アイガー3970mの上から青白い空の筋に見えるのが天の川、ミルキーウェー
もしくはドイツ語でミルヒシュトラッセです。そう。牛乳の道という直訳になります。

a0174092_10294684.jpg

↑もちろん旬のアスパラも焼き暖めました。

a0174092_10302770.jpg

↑まだまだ、部分的には2m50cmの雪があり、カンジキ(スノシュー)無しではとても歩けない
しかも、マキシマムキャンプ、、、、コーヒーミルから抹茶ラテ、ホットワイン、水4L。。。。。
ビール、、、重い。なにより重いのがレンズ3本とフラッシュを持っていって結局
レンズは一本しか使わなかった、、、無駄な重さ。。。。。

そんな無駄なマキシマムキャンプがとても好きです。
仕事終わりに出来るのがグリンデルワルト村の一番の贅沢。

ただ、23時ごろになると寒さは素敵なぐらいになります。
私と、嫁さんは何度も寒い思いをしてるので、最近はあったかすぎる格好で
マイナス15度くらいまではノホホンと出来る準備をしていきます。

シーズンが終わりに近づく今ならではの楽しみ方でした。



↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-24 10:41 | グリンデルワルト (スイス)

「久しぶりにアイガーの撮影会」

っていいましても、、、、独りでビールをもって下見にいったのですが、、、

思いのほかいいロケーションがありました。


a0174092_5531264.jpg

なんだか、いつも同じ感じの写真になるので、アイガー3970mをいつの間にか撮らなくなっていた。


a0174092_5543583.jpg


それではだめだと思い、撮影を試みたってより、いいところがないかシュノーシュー(カンジキ)
を履いて下見に行った。

比較的低い標高からアイガーと村を撮ったころはなかったので
少し粘って撮りました。

結構気に入ってます。


a0174092_5562697.jpg

グリンデルワルトの西の果てのほうにきたので、アイガーの後ろに
ユングフラウ4158mが写ってます。いい雲でした。


a0174092_5573217.jpg

うろこ雲のような雲がアイガーに向かって流れていたので、そこを狙いました。
珍しく上手くいきましたね。

5時から9時半くらいまでいましたが、ビールがあればもう少し粘れたかもしれませんね。

意外と寒くない夜でした。


久しぶりにアイガーと見つめあいました。


↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-20 06:00 | グリンデルワルト (スイス)

「ユングフラウヨッホの新しいトンネル」

a0174092_6375075.jpg

↑星????いえいえ、エーデルワイス型照明です。

職場のユングフラウヨッホのエレベーターのしたから、氷の宮殿までのトンネルが
4月1日に出来上がるはずなのですが、、、、

a0174092_6394347.jpg


a0174092_64027.jpg

↑動く歩道の横の壁にアイガーなどの絵を描いていたのですが、、、、
ひび割れができまして、、、、今、急いで修復中。

a0174092_6413630.jpg

↑3D映像を、、、、と言ってましたが、何がどうなることやら。。。。

a0174092_6423182.jpg

↑スフィンクステラスに登るエレベーターのあるホールには、360度のモニターを設置。
そこで、氷河や山の映像を流すらしいです。

a0174092_644644.jpg

↑入り口のエーデルワイスの照明のあるところは、実はこんな感じのトンネルの入り口になっていて、
ちょっとメルヘンチックです。

トンネルの工事の際の写真は
http://eiger.exblog.jp/14028190/
↑昔のブログに載せています。
見比べてくださいませ。

出来上がったら、またレポートします。
写真は2月26日の写真です。

スイスでは珍しく、日曜日も突貫作業中。
はたして、新しいトンネルのオープニングセレモニーの4月1日に間に合うのか!!!!!!!!!!!
はてはてふふーです。



↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-18 06:49 | ユングフラウヨッホ

「今年初のマキシマムキャンプ」

巷の山は、ミニマムミニマムですが、私が推奨するのはマキシマムです。
でも、ミニマムな山道具が出来ればできるほど運べるものが増えるので充実したマキシマムキャンプができます。
私が推奨しているのは、グリンデルワルトで車から降りて片道15分以内での山でのBBQや飲み会です。

コレに賛同してくれている人はまだごくわずかですが、何でもかんでも持っていってそこで楽しむ。
私の一番好きな時間です。

今回は今年は初の会でしたが、昨日に言い出して無理やり6人揃いました。
FTのNつ氏が参加できなかったのは悲しいですが、、、、

今年初めて嫁さんとの休みも、いい天気も重なったので、急遽晩御飯を山で食べる会をしました。

参加者6名は、嫁さん。PBのTむ氏、PBのYこ氏、MBのSこ氏、FUNのYじ氏、KHの私でした。

グリンデルワルトの西の果てに行きたかったのですが、下見してもいいところが見当たらなかったので
いつものベッターホルンの麓標高1400mくらいのところで開催。

ミニBBQとワイン。コーヒー。ビール。チーズの晩御飯でした。

金星、木星を眺めながらの談話会でした。
私個人としては楽しかったけど、夜の雪上BBQ、、、、皆さん寒くて早く帰りたかったでしょう。
仕事終わりにこんなことが出来るのも、グリンデルワルトの素晴らしいところだと思われます。

a0174092_924325.jpg

↑こんな感じで、女性にはモンベルの椅子でゆったり。男性は雪の上で土下座です。

a0174092_9251388.jpg

↑ロケーションは最高。人を撮ると山は見えず。山を撮ると人は写らず、、、嫌になります。
フラッシュをもってこれれば善かったのでしょうけど、、、

a0174092_9272494.jpg

↑なんでも、木星と金星が一番近づくときらしく、、、たしかに、二つの星(一番明るいのが金星)は一番めだってました。(アイガーと金星と木星)

a0174092_9292691.jpg

いつも撮っている写真ですが、今回はカメラのバッテリーが(一時間持つはずが、、、)寒すぎて
カメラ内処理が出来ずに切れてしまい、、、、30分露出して30分読み込みの一時間で一枚の
写真のはずが、、、20分でシャッターが切れてしまい後処理もできずに終わってしまいました。

寒いし、バッテリーが古いのでしょうがないけど、、、、、、、
ちょっとショックな今日この頃でした。



↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-16 09:35 | グリンデルワルト (スイス)

「おひさしぶりです。」

基本引きこもりなので、、、
長い間、心を閉ざし物思いにふけってました。

そんななか、東京に住む二人の方から、「ブログ楽しみにしてるよ」っと
暖かすぎる言葉をいただきました。
独りは、新人ママ、独りは新人社会人のかたからでした。

ありがたい。

a0174092_657098.jpg

↑スイスでは売っていないお酒です。同じお酒はあるけれど、少し違うのです。

KLMオランダ虚空でのスイスへの帰路に悩んだ挙句購入。
昔は、浴びるように飲んでいたお酒も、最近ごぶさた。
ビール一辺倒(これなら、ほぼつぶれないから)。

でも、物思いにふけっていたココ10ヶ月。

昔昔、日本で一番浴びていたお酒。
ジンを三点セットで購入。

これらはスイスでも購入が難しいのです。

そうです。すべて1リットル瓶。
でも、問題は量ではなくて、アルコール量。
左からボンベイサファイア47%。
タンカレー47.3%。
ボルス ジュネパー35%。
左の二つは、日本でも、39%か40%。
スイスでも同じくそうですが、ヨーロッパの空港ではなんと、%がちがうのです。
ぶっちゃけ、ロックやキで飲むのは、25%から40%がいいのすが、
何かで割るのなら、やはり%は多いほうが長持ちしますね。

そんなこんなで、今まで重いから買ってなかった三種の神器を購入。

キやロックで飲むのなら、甘い中にも注射をしたときの後の脱脂綿の匂いがほんのりする
ボリスジュネパーが一番かなー。。。最近なんでも、人生でも仕事でもマロヤカなものが好きなので
のみ心地はいいです。

ボルスにはおもいでがあり、この瓶の750mlのびんを1999年に入院中(158日間)に「退院したら飲め」
っといわれ、毎日楽しみに病院で眺めていたのですが、、、、、

退院後、冷凍庫から出すときに滑り落ちて割れてしまってなめたとき以来出会わなかったジン。

今回の購入と共にいろいろな思い出と共に飲むのには楽しく、ごくたまに独りで飲んでます。

a0174092_794449.jpg

↑昨日のメッテンベルク3104m。
この辺では見向きもされない低い山なのですが、
個人的にはすきなのです。
いつも美しく、グリンデルワルトに迫ってます。

a0174092_711546.jpg

アイガー北壁を、家の庭から。
一昨日のシャシンですが、ココしばらく馬鹿みたいに綺麗な夕焼けが観れてます。

やっぱし、グリンデルワルト早11年が過ぎようとしますが、、、、
好きです。

日本人の在住者は年々減ってますが、もっともっと移住してほしく思います。
11月以外ではあれば、いつでも綺麗です。

是非、毎年毎季節きてください。





↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
ちなみに、同じインターネット回線からは一日一回だけしかカウントされなくなってるそうです。


最愛の父が1月1日に亡くなりました。

最後の最後まで仕事をしてました。

3月に癌がみつかり、ほっておくと半年の命。
治療しても1年。
そんななか、家族も、本人もあたふたな毎日。
姉も海外。俺も海外。

何も出来ることはなかった。
母にも父にも、親不孝な子供のまま。

日本にいたくても、自分の今の生活を捨てることはできず、、、
海外にいる自分が、すごく嫌な存在でした。

日本に帰りたい。
そんな毎日です。
それは、今も心の奥底で叫んでいる誰かがいる。

自分の中の本心か?

わからない。

俺は様々なことを犠牲にしてここにいることに気づいた。
それでも、グリンデルワルトなのか?

日本でいいのではないか。

そんな葛藤は毎日で、なにもかもがいやだった。

仕事にしても、首になって日本に気持ちよく帰ろう、、、なんて、おもったりして。。。


ただ、想う。

死んだ父も、母も、俺が幸せなのが一番の幸せのはず。
なら、今ココにいれること、自分で進んで楽しんでる今
それを大切に楽しもうとおもう。

ちちが残してくれた言葉。
ボイスメッセージを残そうとして、PCにフォルダは作ったが
まにあわず、そのフォルダの作成の3日後に他界したちちが、
少しずつメモしていた中に、
「ケンタロウへ。「常が大事ぢゃ大晦日」」と記載されていた。
スイスの大晦日、日本の元旦になくなった父の言葉。
実行できてないが、日々を大切に出来ればと想うけど、、、
急にはできない。
がんばるよ。

死がせまるなか、いろんなことを書いていてくれた。


息子には、「体に気をつけろ」とも書いてあった。

以下、父の記載より。

「良い人ばかりに出会うた。それがものすごい嬉しい。いわゆる結婚前にも家内に会いましたやんか。
その後も、師匠にも先生にもお会いしたし、なんにしてもこれにしても本当にいいと思った。やっぱり良い人に巡り会ってますね」

私の父(俺の父方の爺さん)からは、「真面目に働け、一生懸命働け、人に迷惑かけるな」
と教えられ、実行してきた。それは、この先も続けてくれ。でも、それだけではだめだと、ぼくは想う。
そのなかでも、遊びをしらなあかん。それを守った上で楽しまなあかん」


っともかいてました。

俺も、コレばかりは血筋なのか、ありがたいことにいい人ばかりに出会ってます。
過去だまされたことも多々あり、大変だったこともありますが、
総じて、めちゃくちゃ人との出会いには恵まれてます。
年に一回もメールも電話も手紙も書きませんが、
すべての出会った方々が好きです。
ほんと、いい人ばかり。


ほかにも、親父は、職人気質だったその職人にたいするプライドも語っていたし、
仕事での美意識にも書いていた。

死んだ後の香炉や線香立ての絵や人への渡すものへも記載していた。

すべてにこだわりのある人でした。

すべての人がそうだと想う。
すべての人が経験する永遠の別れ。
それが、友であれ、父でれ、一生立ち直れないが、その事実を自分の体の、心の一部に
取り入れて、より幸せに、より楽しく、よりまともに生きていければと想う。

簡単には変われないけど、徐々にでも変えて生きたいと想います。

最後の最後まで、皆様に、出会った人のすべての人に、「ありがとう」をいいたいと
感謝感謝の死でした。

僕の毎日を父が知ると、怒るだろう。
もっと、まともにがんばれるように、徐々に変えて生きます。

ブログを再開するに当たって、書いておきたかったことはもっとありますが、
なんだか、すっきりした。

これまでは、阿呆なことや写真を載せると、父が羨ましがったり、心配したりすることが
あったら嫌でかけませんでした。

「写真を生活の足しにする」という夢に向かってこの先も突き進んでいこう。

そうすることにしました。

これからも、よろしくお願いします。
[PR]
by kentaronakai | 2012-03-15 07:56 | グリンデルワルト (スイス)