写真で見るスイスとその近辺


by kentaronakai

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

「ジビエ(Wild)の季節 ..
at 2013-09-29 10:56
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-30 06:17
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-27 08:00
「エンゲルベルクのヴィアフェ..
at 2013-08-22 12:28
「山フォンデュ 3/3」 マ..
at 2013-08-16 13:21
「山フォンデュ 2/3」 マ..
at 2013-08-16 12:53
「山フォンデュ1/3」マキシ..
at 2013-08-16 12:35
「羊の毛刈り」
at 2013-06-11 10:22

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
グリンデルワルト (スイス)
スイス
時計
モロッコ
イタリア
フランス
日本
ユングフラウヨッホ
最近の自分
結婚式
未分類

最新のトラックバック

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
海外生活

画像一覧

「雪の中のベルン」

世界遺産に指定されているベルンの一ヶ月前の写真です。
前回、ベルンの教会をUPして思い出したのが、一ヶ月前に行った
雪の降ったベルンです。

グリンデルワルトからは、車で1時間15分くらいなのですが、、、
なんせ、遠く感じてしまいます。

ここグリンデルワルトは、
人口4000人(10年前は3300人)くらいの村で、
次の町まで、電車で35分もかかる隔離された村ですので、
ベルンを都会に感じてしまいます。

ま、その時点で、日本へ順応できない体になってしまっているのでしょう。

ベルンとワタクシの実家、日本の首都(昔)奈良とをくらべても、
奈良のほうが、都会だとおもうんですが、
日本を離れて10年が過ぎ、、、、、ベルンでさえ大都会に見えてしまうのです。


a0174092_7531726.jpg

↑グリンデルワルト名物アイガー3970mです。
このときはちょうどアイガーの上にオリオン座があったので、
家の前から新しいレンズでためし撮りしました。

この晩の次の日にベルンへプラプラしに、日本から来た両親と
散歩しに行きました。

a0174092_7564874.jpg

↑ベルンの教会です。
もうそうとう長いこと同じ部分を修復してます。
ヨーロッパで修復中でない大きな教会を見つけるとほっとするぐらい、
いたるところで修復中です。

a0174092_813883.jpg

↑天井を撮ってみました。


a0174092_832744.jpg

↑ステンドグラスとか、支柱とか、セクシーすぎてどこを撮っていいのか、わからなくなります。

a0174092_844984.jpg

↑教会の中にはいろいろな彫り物があり楽しめます。
椅子も、壁も、扉にもたくさんの魑魅魍魎や動物たちがいて楽しい!!!


a0174092_8112967.jpg

↑五フランもしますが、上に登れます。(450円)
でも、五フランの価値がある眺めです。


a0174092_8155948.jpg

↑このときは、目ずらしく
雪がかぶってましたが、晴れた日に行くと赤い屋根が見れて
世界遺産らしいくて、綺麗です。個人的には、いつも
見れる赤い屋根より、雪がついた屋根のほうが見慣れていないので
素敵でした。これで青空だったら白く輝く屋根は素敵だったのに残全。




a0174092_81576.jpg

↑教会の上に登ると蛙がいたり、手の形のした葉っぱとか、かわいい
ヘンテコな溶解がたくさん見つかります。お猿さんの後ろで
柱を支えている蛙がとてもかわいいんです。


a0174092_819172.jpg

↑時計台の近くにあるマムートショップももちろん行きました。
広々と空間を使い、商品数は少ないのですが、すがすがしい店なんです。


a0174092_8201849.jpg

ぜひ、夏だけではなく、冬のスイスも来て下さい。
できれば、春夏秋冬すべてのシーズンに一度はいらっしてください。

日本の観光客の方々は、夏ばかりですが、、、
ほかの季節もいいですよ。

飛行機代は高いので、、、(だから、もう一年以上日本に帰れない。
一般サラリーマンですので、2年に一回帰るくらいでカツカツです。)
がんばって働いていただいて、定年退職後に何回も来て下さい。

わたくしも、定年退職後に日本国内を思う存分旅行できるように
がんばります。
と、いいつつ、最近は宝くじの方が確実なような気がしてきました。
スイスの物価ではいくら働いても生活費で消えていってしまう。。。。。



↓クリックをしてもらえた回数でランキングが決まるというランキングサイトに参加してます。
クリックして応援をして下さい。有難うございます。助かります。
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kentaronakai | 2011-02-23 08:26 | スイス